広島県三原市の建設業許可申請のことなら広島県建設業許可申請支援窓口におまかせください (行政書士 菅原章義)

令和3年1月1日より建設業許可申請書類の押印が不要に。建設業許可は広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所へ

最近の風潮として、行政機関や民間においても押印の廃止が勧められています。

それは建設業許可申請の手続きにおいても同じです。

令和3年1月1日以降の申請より、押印の省略が認められました。

広島県の場合は、申請や届出における定まった様式の書類については押印が不要となっています。

これによりほぼすべての書類の押印を省略できることとなりました。

とはいえ、今までどおり押印していたとしても問題ありません。

ただし、提出の必要な確認書類の中で、様式が定められていないものには押印が必要です。

広島県では、押印の必要な書類の例として次のものが挙げられています。

  • 発注証明書
  • 申立書
  • 登記事項目的追加の誓約書

建設業許可等の手続きに関するお問い合せ、ご質問、ご要望、ご依頼等、なんでもお気軽に行政書士すがはらあきよし事務所までお申し付けください。

ご用件
お名前  ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角)  ※必須
サイトを知ったきっかけ 友人・知人  検索エンジン  その他
お問い合わせ内容

 

 

建設業の許可申請、その他の手続きに係ることなら、何なりとお申し付けください。

広島県建設業許可申請支援窓口では、お客様にご自身の事業に専念していただけるよう、面倒な書類の作成や役所の手続きを代理、代行いたします。

contact

広島県建設業許可申請支援窓口は 広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所(行政書士 菅原章義) により運営されております。

トップへ戻る