広島県の建設業許可申請のことなら広島県建設業許可申請支援窓口におまかせください (行政書士 菅原章義)

直前3年の各事業年度における工事施工金額の作成方法

このページでは、建設業許可申請における様式第三号、直前3年の各事業年度における工事施工金額の記載例、記入方法、記入に関する注意事項を説明します。

なお、一般的な注意事項としては、次の事項が挙げられます。

  • 記入文字は、ペン又はボールペンにより楷書で丁寧に記入しましょう。
  • 数字は全て算用数字で記入して下さい。
  • 書き間違えた場合は、二本線で消し、その個所に押印して書き直すか、又は捨印によるか、いずれかの方法により訂正してください。
  •  

    様式第三号は直前3年の各事業年度における工事施工金額です。記入方法は次のとおりです。

     

    様式第三号

    (1)税込、税抜のいずれかにがいとうするほうを〇で囲んでください。

     

    (2)許可を受けようとする建設工事の種類とすでに許可を受けている建設工事があればその種類を記載します。

    4種類を超えるときは、複数枚にわたって記載してください。

     

    (3)事業年度は、申請時の直前3年間を1年毎に3年分記載してください。

     

    (4)許可を受けていない建設工事の施工金額を記入してください。2枚以上になる場合は、最後のページに記載してください。

     

    (5)各項目の合計を記載してください。2枚以上になる場合は、最後のページに記載してください。

    (6)年度合計の額は、損益計算書の完成工事高と一致することになります。

 

建設業の許可申請、その他の手続きに係ることなら、何なりとお申し付けください。

広島県建設業許可申請支援窓口では、お客様にご自身の事業に専念していただけるよう、面倒な書類の作成や役所の手続きを代理、代行いたします。

contact

広島県建設業許可申請支援窓口は 広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所(行政書士 菅原章義) により運営されております。

トップへ戻る