広島県の建設業許可申請代行・会社設立・社会保険加入

経営事項審査

  • HOME »
  • 経営事項審査

経営事項審査 経審

経営事項審査(経審)とは、公共工事を直接請け負おうとする建設業者が必ず受けなければならない審査です。
経営状況と経営規模等評価について、数値による評価をすることにより行います。

当事務所では広島県での経営事項審査の申請代行を行っています。
次の手続きのすべてをお任せいただいています。
1. 決算変更届作成
2. 経営状況分析申請書作成
3. 経営規模等評価申請書作成

経営事項審査 経審 広島県

 

経営事項審査の有効期間

経営事項審査の有効期間は、審査基準日から1年7ヶ月。公共工事を請け負うことのできる期間は、その経営事項審査の
審査基準日である決算日から1年7ヶ月の間に限られます。
よって、前年度の経営事項審査を受けていても、次の年度に経営事項審査の申請をしない場合、1年7ヶ月をすぎるまでに、次年度の経営事項審査の
結果通知を受けることができず、公共工事の請負契約を締結することができなくなります。
毎年決算関係書類が整い次第、速やかに経営事項審査の申請を行う必要があります。

※審査基準日とは、原則として、経営事項審査の申請日の直前の事業年度終了の日です。
ただし、法人設立後(個人事業主においては事業開始後)一度も決算を迎えていない場合は、法人設立日
(個人事業主におちては事業開始日)を審査基準日とします。

 

建設業許可 広島県

 

経営事項審査の申請区分

(1) 経営状況分析→民間の登録経営状況分析期間で受付
(2) 経営規模等評価(総合評価値)→建設事務所等で受付

(1)(2)両方の申請をし、それぞれ結果通知を受けます。

 

経営規模等評価(総合評価値)の受付期間【広島県】

(1) 広島県知事許可業者
期間:毎月1日~10日(ただし1月は4日~13日、5月は1日~13日)
時間:午前9時~午前11時及び午後1時~午後4時

(2) 国土交通大臣許可業者
期間:通年
時間:午前9時~午前11時及び午後1時~午後4時

※土日、祝日及び年末年始は除く
※H28年3月現在の情報です。

c-11
建設業許可 広島
建設業許可 広島県
建設業許可 広島
PAGETOP
Copyright © 【建設業許可申請代行】広島県 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.