配置技術者とは、建設業者が請け負った各工事現場に置かれた主任技術者または監理技術者のことです。
公共工事の場合、配置技術者の要件として、同種あるいは類似の工事現場での監理技術者または主任技術者としての配置経験を求められる場合があります。

建設業の許可を取得すると、事業年度終了後4ヶ月以内に事業年度内に行った工事の内容等について「決算変更届」を提出する必要があります。
決算変更届に添付する「工事経歴書」には、配置技術者を記入しなければなりません。

※「決算変更届」は、「事業年度終了報告」等、都道府県によって異なる名称がつけられています。