事務所代表の河野と申します。
私は、広島県広島市で、建設業の許可申請を代行している行政書士です。
広島県をはじめ日本中の役所に年間300件以上の許可申請を代行する、許可取得のプロだと自負してます。

このサイトでは、建設業許可申請のことを書くように従業員から言われています。
しかし、建設業許可申請についての文章を書くと、手続きのことや書類のことばかりになって、読んでいる方も書いている方もつまらなくなりそうです。
事務所での日々の出来事や、私の趣味なんかも書きながら、たまに建設業許可申請の手続きのことを書くようにできればいいかな、と思ってます。

私が建設業の許認可代行の業務を始めたのは、2003年に行政書士事務所を立ち上げてから。
建設業界に縁もゆかりもなかった私は、建設業特有の用語に四苦八苦しました。
最初のころは、経営業務管理責任者(経管)やら、専任技術者(専技)やら、何のことやらさっぱり分からず。
申請に行っても、窓口で色々言われ、補正ばかりでした。

それが、今ではすっかり建設業界に溶け込んだ行政書士になってしまいました。
建設業界の方々ともたくさん友達になり、建設業界の悩みや相談を仕事以外でもたくさん受けるようになりました。

建設業者の悩みで多いのは、

1 建設業許可の取得(いわゆる金看板取得)
2 建設業を株式会社として営むための会社設立(いわゆる法人成)
3 建設業者としてのの社会保険の加入手続

建設業許可+株式会社+社会保険は、今や建設業者の三種の神器です。
こういった許可申請や手続きは、大変です。
どうやって株式会社を設立するか、どうやって建設業許可を取るのか、どうやって社会保険をかけるのか。
こういった相談に乗れる事務所ですので、建設業者様をいつでもお待ちしております。

よろしくお願いします。

河野