主任技術者とは、建設工事の施工現場で、技術上の監理を司る者です。
現場ごとに一定の資格を有する主任技術者を置かねばなりません。
一定の規模以上の工事(※)については、主任技術者に変わって監理技術者を置くことになっています。

主任技術者は、各工事現場において、主任技術者は施工計画の作成、工程管理や品質管理など技術上の監理と施工に従事する者の技術上の指導と監督を行わなければなりません。
また主任技術者は、建設業者に直接かつ恒常的に雇用される従業員である必要があります。

(※)一定の規模以上の工事とは、特定建設業者が元請けとして発注者から直接請け負った工事の一部分を下請け業者に外注する際に、総額が3,000万円以上となる工事です。
建築一式工事の場合は4,500万円以上となっています。