「経営業務の管理責任者」とは、営業取引上対外的に責任を有する地位(法人の常勤の役員、個人事業主または支配人、その他支店長または営業所長等)にあって、建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有する者を言います。
なお、経営業務の管理責任者は、営業所に常勤していなければなりません。

「専任の技術者」とは、建設工事の施工に関する一定の資格または経験を有する技術者で、その営業所ごとに専任であるものをいいます。
「専任」の者とは、その営業所に常勤して専らその職務に従事すること要するものをいいます。

「経営業務の管理責任者」と「専任技術者」との双方の基準を満たしている者は、同一営業所内において両者を1人で兼ねることができます。
要件の1つとしての10年以上の実務経験とは、許可を受けようとする建設工事に関する技術上の経験をいいます。具体的には、実際に建設工事の施工に携わった経験及び建設工事の施工を指揮、監督した経験をいいます。なお、この経験には請負人の立場における経験のみならず、建設工事の発注者側において設計に従事した経験や現場監督技術者としての経験も含まれます。
ただし、工事現場の単なる雑務や事務の仕事に関する経験は含まれません。
また、一式工事の中から専門工事を抜きだした経験及び附帯工事の経験も、実務の経験として認めていません(ただし、電気通信工事を除く)。

実務経験の期間は、当該一業種の建設工事に関わる経験期間を積み上げ合計して得た期間とし、経験期間が重複しているものにあたっては、他の業種として二重に計算できません。
ただし、業種によっては、実務経験年数の緩和措置が適用される場合があります。