一般建設業の許可を受けるには、次のすべての要件を満たしていなければなりません。

◆経営業務の管理責任者が常勤している。法人では常勤の役員のうち1人、個人では事業主本人または支配人です。経営業務の管理責任者の要件は次のとおりです。
(1)許可を受けようとする建設業に関し5年以上経営業務の管理責任者として経験を有する者
(2)(1)と同等以上の能力を有するものと認められた者

◆建設業を営む営業所ごとに専任技術者を置いている。専任技術者は次のいずれかの要件に該当する者です。
(1)高等学校もしくは中等教育学校の指定学科卒業後5年以上、大学もしくは高等専門学校の指定学科卒業後3年以上の実務経験を有する者
(2)10年以上の実務経験を有する者
(3)国土交通大臣が(1),(2)に掲げる者と同等以上の知識及び技術または技能を有すると認定した者

◆財産的基礎が次のいずれかに該当すること
(1)自家資本の額が500万円以上
(2)500万以上の資金を調達する能力がある
(3)許可申請直前の過去5年間許可を受けて継続して営業した実績がある

◆誠実性があること

◆欠格要件等に該当しないこと