<1>軽微な建設工事<2>附帯工事については、建設業の許可を受ける必要はありません。

<1>軽微な建設工事とは・・・
建設業の許可の要らない小規模な工事。
「建設一式工事」と「それ以外の工事」に分けて説明します。
「建設一式工事」の場合、1件の請負代金が1,500万円(消費税込)未満の工事、または延べ面積が150㎡未満の木造住宅の工事
「それ以外の工事」の場合は、1件の請負代金の額が500万円(消費税込)に満たない工事が該当します。

<2>附帯工事とは・・・
附帯工事とは、建設業許可を受けた業種の工事の施工に際し、その工事に附帯するたの建設工事のこと。
その附帯工事に関する建設業の許可がなく、かつそれが軽微な建設工事でなくても、許可のある建設工事とともに請け負うことができます。
例えば、建設業許可のある左官工事を行うに際し、モルタル補修のために下地を修理する大工工事の許可は不要です。